ドリームカジノでまた逮捕者が出た本当の理由とは?

先日再びドリームカジノ関係者が逮捕されました。

なぜドリームカジノがそれほど京都府警に警戒されてきたのでしょうか?

今回の記事ではその逮捕の背景と逮捕理由に迫りたいと思います。

逮捕された会社がドリームカジノの経理を担当していたらしい

defenses-788789_1280ドリームカジノ自体は英国にサーバーを置いたオンラインカジノです。その点だけを見ると、他のオンラインカジノと違いはありません。海外にサーバーを置くオンラインカジノは基本的のサーバーが設置してある国や地域の法律の支配下にありますから、その国や地域が合法と認めていれば日本国内で罪として罰することはできません。

ではどうして今回のドリームカジノの逮捕劇は起こったのでしょうか?

それはどうやら今回逮捕された会社の経営者が日本国内である京都の天王寺区に拠点を置き、ドリームカジノの経理を担当していたというのです。

つまり、国内でオンラインカジノを運営していたという疑いから、日本の賭博法に抵触するとして逮捕されてというのが事実のようです。

逮捕された会社はドリームカジノのホームページも作成していたらしい

animation-1299228_1280今回逮捕者が出た会社は、経理だけでなくドリームカジノのホームページ制作も行っていたようです。その事実を知れば、「それって日本国内で運営してるんじゃないの?」と素人でもわかるような話です。

サイト上は拠点はオランダ領キュラソー諸島と謳っていたようですが、どうもそれは実態がなく、実は日本国内運営だったと京都府警は判断したがゆえの今回の逮捕劇だったようです。

オンラインカジノが合法か違法かの境目は運営拠点がどこにあるかです

questions-1328466_1280今回の逮捕劇でオンラインカジノで遊ぶことに不安を覚えた方もいらっしゃるでしょう。しかし、当サイトの管理人の私としましては。逆にこれまで以上に自信を持ってこれまで当サイトでご紹介してきましたオンラインカジノサイトをおすすめできるのではないかと感じています。

というのも、当サイトでご紹介しているベラジョンカジノやエンパイヤカジノ、それにウィリアムヒルなどは、運営拠点は紛れも無い海外ですし、日本のユーザーを対象にゲーミングプログラムを提供する上で念には念を入れて調査を行い、法的に全く問題なくビジネスを展開できると判断したうえで日本進出を決めています。

ですから、みなさんは安心して当サイトがご紹介するオンラインカジノでプレイされてください。

日本国内でも今後ウィリアムヒルが提供するようなスポーツベットが普通に行われ、ベラジョンカジノが提供しているビデオスロットが当たり前のようにプレイ出来て、エンパイアカジノが得意とするライブカジノの美人ディーラーと普通にチャットできる、そんな日がきっと近い将来訪れるでしょう。

そんな夢をつい最近見ましたよ^^

まとめ

child-818439_1280・ドリームカジノは国内に運営拠点があったと判断されたため、運営企業の経営者が逮捕されたようです。
・オンラインカジノが合法化違法かの判断の基準は、日本国内で運営されているかどうか、つまり賭場開帳しているかどうかのようです。
・当サイトでご紹介しているオンラインカジノは全て全面的に海外にしか運営拠点はありません。



初めてオンラインカジノに挑戦するなら
入金がクレジットカードでできて登録も簡単な
スマホでもパソコンでも遊べるカジノがおすすめです!

中でも美人ディーラーとライブゲームが楽しめて
テーブルゲームが特に充実しているのがカジノ倶楽部ジャパンです。
もちろんスロットもジャックポットも60種類も楽しめます。

今すぐチェック!(^_^)/
↓  ↓  ↓


カジノ倶楽部ジャパン公式サイトはこちら

そして何と言ってもスロット、ジャックポットの充実度が半端ないのがベラジョンカジノです!

今すぐチェック!(^_^)/
↓  ↓  ↓


ベラジョンカジノ公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です