カジノフロアが充実してるマリーナベイサンズが傾いてるって?

日本のカジノリゾート構想が大きな話題になった当時、日本のカジノ市場の参入に強い意欲を示していたシンガポールのホテル「マリーナベイサンズ」ですが、その経営が傾いてるって噂があるのですが本当でしょうか?

あんな立派なカジノフロア(推定15000㎡)があって、屋上プールは日本人にも人気の高いマリーナベイサンズの経営状況が傾いてるって信じられないので少し調べてみましたので、今回はそんなことをご紹介したいと思います。

東京オリンピック前には進出したかったのでは?

main_photo1日本ではカジノ法案が先送りになり、以前と比べ、日本国内ではカジノ誘致の話題があまりのぼらなくなってます。

といのも、今のもっぱらの話題はやはり東京オリンピックです。おそらく東京オリンピック開催が軌道に乗るまではカジノ法案については国会で審議されることはないでしょう。

それはきっと東京オリンピックの経済効果が薄れて景気後退が懸念されると思われる、東京オリンピック後に標準が合わせられているからです。

日本のカジノリゾート構想が形をなすのは東京オリンピック後?

main_photo2中々景気が上向かない中では経済効果が高いと言われているカジノリゾートは喉から手が出るほど作りたいに違いありませんが、さすがに東京オリンピックとかぶる時期には無理があります。

だから、カジノ法案は東京オリンピック後の目玉として、今は政府の懐で暖められていると言われています。

ということは、どういうことかというと。。。

マリーナベイサンズは日本でのカジノリゾートをあきらめたわけではないらしい

women-685783_1280ですから、海外のカジノ業者達の「熱」はまだまだ冷める様子を見せていません。

「日本に100億ドル(約1兆1100億円)規模を投資する」計画を変更していないと言われているマリーナベイサンズは今なお日本市場の参入にただならぬ意欲を示しているといえるでしょう。

現状では近隣のアジア諸国が次々とカジノを開業している状況で、日本はそれから見ると遅れを取っているように見えますが、それは虎視眈々と時期を狙っているという見方もできます。

マリーナベイサンズの動きが代表するように、世界のカジノ成功業者はいまの日本の状況をカジノ解禁後のビジネスチャンスの伸びしろとして期待しているように見えます。

それは日本にとってもありがたいことと言えるかもしれません。なぜなら今後の日本経済の発展にとって、カジノが解禁されることは重大なポイントと目す経済関係者が少なくないからです。

これは聞いた話ですが、マリーナベイサンズはブランド大使として元サッカー選手のデビッド・ベッカム氏を起用していて、そのベッカム氏が秋には日本にやってきて大規模イベントも計画中らしいですよ。

あのベッカムがルーレットやバカラをやってる姿を見たら、日本人のカジノに対する見方も少し変わってくるのかもしれませんね^^



初めてオンラインカジノに挑戦するなら
入金がクレジットカードでできて登録も簡単な
スマホでもパソコンでも遊べるカジノがおすすめです!

中でも美人ディーラーとライブゲームが楽しめて
テーブルゲームが特に充実しているのがカジノ倶楽部ジャパンです。
もちろんスロットもジャックポットも60種類も楽しめます。

今すぐチェック!(^_^)/
↓  ↓  ↓


カジノ倶楽部ジャパン公式サイトはこちら

そして何と言ってもスロット、ジャックポットの充実度が半端ないのがベラジョンカジノです!

今すぐチェック!(^_^)/
↓  ↓  ↓


ベラジョンカジノ公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です