ベラジョンカジノ スロット実践記【Hot to Burn】

皆さんこんばんは!

いつも当ホームページをご覧下さり、ありがとうございます。

パチンコ歴11年のパチンコ大好き男です^^

前回はプラスマイナスもほとんどなく、フリースピンも獲得できなかったため、どうも煮え切らない結果となった初心者の筆者。

しかしとにかく負け込まないことが大事。

ほんのりと楽しませて頂きました笑。しばらくはこんな感じでも良いのかなとも思いつつ、今回も新たな出会いを求めてベラジョンのスロットに興じました。

今回筆者がトライしたのは、その名も「Hot to Burn」。

結論から申し上げると、今回はかなり楽しかったです^^

機種の特徴から配当条件、実践結果をまとめましたので、今回も最後までお付き合いください。

◆ーHot to Burnー機種の特徴

このHot to Burn、初心者の筆者には初めてお目にかかる会社、「REEL KINGDOM」という会社からリリースした機種です。

色々調べてみたのですが、まずこのREEL KINGDOMという会社が存在するのかどうかすらわからないくらい、情報が見つかりませんでした。。

しかしそのREEL KINGDOMの下には、「PRAGMATIC PLAY」との文字があります。

このプラグマティックプレイ社は有名な会社ですので、こちらに吸収されたのか、そもそも会社の名前ではなく、何かのシリーズの名称なのかもしれません。

いずれにしてもプラグマティックプレイ社が関わっていることは間違いなさそうです。

ちなみにこのプラグマティックプレイ社はマルタ島に社を構える2015年設立の、とても若い企業です。しかし凄まじい早さで機種をリリースし、すごいスピードで成長しています。

元々別の名前の会社だったものが、名称を変えて生まれ変わった様子ではあるものの、この業界では注目の企業の一つと言ってよいでしょう。

さてこのHot to Burn、実は最新機種でして、2020/4/21にリリースされたものです。

スペックはmiddle。初心者の筆者には少し難易度が高めですが、これまでハイスペックにも挑戦していたので、まあよしとしました。

ちなみに、RTPは96.71%と、多少ミドルの割には良いかもという数字ですが、打っていてやはりそこまでストレスはかかりませんでしたので、妥当な数字だと思います。

レイアウトはというと以下の通り↓

この通り5×3とわかりやすい構成となっております。

これにより初心者の筆者には受け入れやすかったです!

 

◆ーHot to Burnー配当条件

以下がHot to Burnの配当条件です↓

なんと図柄はたったこれだけでとてもわかりやすい作りとなっております。

シンプルに、セブンが高配当で以下がフルーツになります。

なんとなく愛着ある図柄がメインのスロットですよね^^!

そして驚くべきことに、ペイラインはこちら↓

なんとたったこれだけw

でもわかりやすいですよね!

ご覧いただいた通り、作りそのものは初心者向けに設計されているのです。

皆さんお気づきでしょうか?

実はこのHot to Burn、ワイルド図柄が存在しないのです。

正直初心者の筆者はワイルドのない機種は初めてくらいの感じ。

とても不安でしたが、プレイしてみてワイルドがないことに関しては、思っているほど何も感じませんでした。

というよりも、打っているとそんなこと忘れてしまいます^^

そしてフリースピンも存在しません。

当初はどうなることかと思いましたが、結論は無しでも十分に遊べます^^

シンプルな作りに単純に面白さを感じられるように作られていました!

◆ーHot to Burnー実践結果

それではHot to Burnの実践結果です!

まず打ってて、最初はなんとも無機質な機種なんだろうと思いました。

BGMは静かで、ただ単にリールが回っているだけのような感じがしていました。

オートプレイにしているとなおのこと何も起こらず、ただ時間とお金だけが失われていくような感覚に。

時たま起こる小当りもありましたが、それは以下の通り↓

 

果たしてこれでRTP96%超えは達成できているのか甚だ疑問に。

稀にみるダメな機種でも引いてしまったのかと思いあぐねていると、

突然以下のようなアクションが><!

さくらんぼがたくさん揃っていきなりのスーパーウィンw!

一瞬何が起こったのかわからず、ただ急いでスクショを撮った初心者の筆者。

とりあえずもう少し様子をみてみることとしました。

すると、そのあと少ししたら、また同じようなことが笑!↓

今度はレモンがたくさん出現笑!

勢いに乗ってきたのです^^!!

ちょっと調子に乗ってきた筆者。もうしばらく続けてみることに。

するとまた少ししたら、今度はイチゴが!!

数はそんな多くはありませんが、綺麗に揃って以下のようなことに^^↓!

すっかり懐がほっこりしてきた筆者。

もう少し遊んでも良いかなとも思ったのですが、いつものように深追いすると結局マイナス収支となってしまうと判断。

いくら楽しくても、引き際が肝心との心得で、今日はお開きとしました^^

 

◆ーHot to Burnーまとめ

今回はおかげさまですっきり気持ちよく寝れそうです^^

このHot to Burn、パチンコでいう新台に当たるのか、とてもサービス精神旺盛でした!

最初はどうなることかと思っていましたが、その山を乗り越えればパラダイスが待っているというなんとも意地悪な機種でしたが、初心者の筆者を楽しませてくれました!

再訪ありの機種として覚えておきます。

それでは今回も最後までご覧下さり、ありがとうございました!



初めてオンラインカジノに挑戦するなら
入金がクレジットカードでできて登録も簡単な
スマホでもパソコンでも遊べるカジノがおすすめです!

何と言ってもスロット、ジャックポットの充実度が半端ないのがベラジョンカジノです!

今すぐチェック!(^_^)/
↓  ↓  ↓


ベラジョンカジノ公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です